供養するのは自分達なので、出来るだけ近いところを選びました

母親が急逝し、バタバタと色々なことをしなければならなかったのですが、お墓の購入もその一つ。

霊園を選ぶことからはじめないと行けなかったのですが、さて何を基準に選べば良いものかと、残された家族で会議をすることになりました。

まずは交通アクセス。手を合わせに行くために、車で何時間もかけて行くような所は論外です。あとは調べていくとわかったのですが、シャトルバスが駅から出ている所は便利ですね。

車がいつでもあるとは限らないですし、自分が高齢になったときには運転もできなくなるでしょうから、そういったサービスがある所もポイントとなります。

またあまりにも霊園自体が大きすぎると、霊園に到着してからの移動が大変で体力的にもキツくなると感じました。

同じように急勾配の斜面に設けられた霊園では、階段や坂も多くなっているので、そういう点でも気を付けた方が良いと思います。
その他のサービスでは、お参り道具一式がセットされていたり、季節ごとに合同の供養があったりと似てきます。ですからポイントとなるのは霊園自体の立地と、自分達のお墓の用地がどこに確保出来るのか、といったところです。

私達は何ヵ所か見て回ったのですが、結局あまり大きくないけれども一番近い所に決めました。

一戸建てを構えて生活しているため転勤や引っ越しもなく、もっと綺麗なところや設備が充実したところもあったのですか、一番近いところが良いだろうとの結論になりました。